本文へ移動

保育方針と目標

保育方針

保育方針は、「保育所保育指針」を基本とする。職員は、豊かな愛情をもって、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重しプライバシーを保護することを第一義とし、保護者の意見や要望を真摯に傾聴してよりよい保育のために努力研鑽する。
 
1. 子どもの健康と安全を基本にして保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。
2.子どもの個性や活動を大切にし、自己を十分に発揮しながら活動できるような環境を整え、
  健全な心身の発達を図る。
3. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
4. 地域の医療や福祉、教育機関と連携し、保育の向上を図る。
5. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に関しては、分かりやすい用語で明をし、
    公的施設としての社会的責任をはたす。

保育理念

お告げのマリア修道会を母体とする、社会福祉法人お告げのマリア会白菊保育園は、
「互いに愛し合いなさい」とのカトリックの愛のこころで、児童福祉法に基づき、保育を必要とする乳幼児の保育を行う。保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために、
保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に推進し、地域における家族援助を行う。

保育目標

心も体も元気な子ども
●身近な動植物を通していのちの大切さを知る。
●運動や休息、栄養をとり、規則正しい生活を送り、自ら安全を守るような生活習慣及び態度を身につける。
●くつろいだ雰囲気の中で情緒が安定し、意欲的に遊ぶ力を育む。
 
思いやりある優しい子ども
●相手の人格を尊重し、思いやりのある心を育てる。
●祈る心、感謝する心、許し合う心を育てる。
社会福祉法人 お告げのマリア会
白菊保育園  
〒857-4513 長崎県南松浦郡新上五島町丸尾郷864  
TEL:0959-54-1074  
FAX:0959-54-1681
TOPへ戻る